2017年07月01日

子育て世代、4人家族が健康に暮らせる木の家

沖縄南國ハウス

どこに居ても家族の声が聞こえてくるのがコンセプト。家族団らんの場を充実して頂きたかったので、1階のフロアを広くとり、キッチンから全体を見渡せる間取りでつくりました。

インタビュー

沖縄の古き良き家の要素、沖縄南國ハウスの魅力、現代風のデザインの3つを融合した家。

1階の掃き出し窓を開けると、吹き抜けから2階へと空気が抜け、2階窓も開ければ、家全体を風が抜けるようになっています。
2階の軒深さを600mmとしているので、通常の雨であれば、窓を開けたままでも雨が吹き込みません。中央の吹き抜けから明かりが入るので、暗くなりがちな家の中心も明るい空間となります。
階段室に大きな窓をとっているので、階段室、1、2階廊下も明るい空間となります。

そして広い空間で子どもたちと伸び伸び遊べるように、全体的にコンパクトな設計ながらも、リビング・ダイニングの一体の空間は約19帖の大空間となっています。

中心に家族のコミュニケーションが生まれる

家の中心部にあるダイニングスペースは、1階全体を見渡せるだけでなく、吹き抜けを介して2階とも繋がる家の中心となっています。そこでは自然と家族のコミュニケーションが生まれます。

さらに子育てへの配慮玄関から遠い位置に階段を配置し、居間・食堂・キッチン前・主寝室前・洗面室前・トイレ前など、各所を通らなければ2階の子ども部屋に上がれないので、在宅中の母親と必ず目を合わせることになります。また、中央の吹き抜けを介して、食堂と子ども部屋が繋がっているので、1階にいながら子どもとのコミュニケーションを図ったり、存在を感じながら家事ができます。

物件情報

360度パノラマビュー

この物件の特長

  • 自然が多い
  • 2階建て
  • 縁側有り

物件詳細

築年月(築年数) 3年 所在階/階建 2階
種別/構造 一戸建て/木造 間取り 3LDK

他のインタビューを見る

南城市の沖縄そば 峰

木のぬくもりを感じていただきたい。 木造にこだわった赤瓦が印象的な南城市の沖縄そば屋さんに伺いました。

八重瀬町のY様

コンクリート住宅では味わえない、年数が経つごとに味わえる木の変化を楽しみたい。木材にこだわり抜いたY様のご自宅に伺いました。

うるま市のY様宅

神社仏閣巡りが好きな奥様がえらんだ木造住宅。 迫力のあらわし梁とこだわりのタイルや琉球ガラスがちりばめられたY様のご自宅に伺いました。

南城市のM様

リビングの窓を開ければデッキと一続きになり大きな空間を演出できる。大きなデッキが特徴の家をお伺いしました。

糸満市のI様

東京から移住してきたIさんが驚いたのは、木造物件のすごしやすさ。沖縄特有の湿気や台風、夏の暑さへの対処はどのようにしているのでしょうか。